中国とアラブ諸国、「一帯一路」経済貿易協力の新たなチャンスを模索

时间:2017/9/18 19:16:33 点击: 1 次

中国とアラブ諸国、「一帯一路」経済貿易協力の新たなチャンスを模索

黄大仙救世报图纸

「協力モデルの革新、連動的発展の促進」をテーマとした2017中国アラブ諸国商工サミットが6日、寧夏回族(ホイ族)自治区銀川市で開催された。

ヨルダンやモロッコ王国など31の国地域の商業協会や企業担当者、及び国内企業の役員ら700名が一堂に会し、「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」沿線企業協力の新たな分野や経路について共に討論した。

中国国際貿易促進委員会の姜増偉会長は、「一帯一路」建設の推進が加速される新しい情勢下で、中国国際貿易促進委員会とアラブの商業協会、商工会企業は協力メカニズムを改善し、貿易投資の促進や商業法律における協力を強化し、企業のニーズのためにより便利なサービスを提供していくと述べた。アラブ商工農会議所総連盟の会長は、「中国とアラブ諸国の協力は経済貿易分野のみに限らない。

アラブ諸国には大きな発展の可能性があり、今後教育、科学研究、イノベーションなどの分野に焦点を当て、エネルギー、金融、物流、港湾などの分野での協力も強化していく。

」と述べた。

エジプトのターレクカービル貿易産業相は、エジプトはすでにスエズ経済回廊を建設し、3カ所の港湾と多くの道路の修復を行ったが、これらはいずれも中国と連携することのできる「一帯一路」プロジェクトであると述べた。会議の締結式では、17の中国アラブ機関が12件の協定と覚書、4件の企業間事業を締結した。

投資事業には、太陽光発電モジュール生産や化学工業、建材販売などの分野が含まれた。

黄大仙救世报图纸相关链接:黄大仙救世报图纸 黄大仙救世报图纸 黄大仙救世报图纸 香港正版挂牌之全篇